スポンサーサイト

  • 2008.09.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


犬の皮膚病

犬も皮膚病に苦しんでいます。人間のように言葉で訴えることができないため、はかゆいところをかきむしったり、かんだりします。飼い主が気がつくのも大体この段階です。一度皮膚病になってしまうと完治させることは難しいようです。
犬の皮膚病と言ってもその原因はさまざまです。ダニなどの寄生によるものもあれば、細菌やカビが原因のもの、内臓疾患からくる皮膚病、最近増えているアレルギー性の皮膚病などがあります。とにかく獣医に診察してもらいましょう。
犬にアレルギー性皮膚病、と聞くとちょっと驚きますが、最近は増えているそうです。また乾燥肌からかゆみを感じている犬も多く、ストレスがたまってイライラ状態でいることも多いようです。そのため噛みついたり吠えたりしてしまうのです。
犬の皮膚病に焦りは大敵です。飼い主が焦ると犬は敏感にそれを察知します。完治させることよりも症状を軽減させ、その「いい状態」を長く続かせる、という治療スタイルをとることが多いようです。食事などにも気をつけてやりましょう。

ペットロス

ペットロスとは、その言葉通りに解釈すれば、「ペットを失う」ということになりますが、実際にはもっと深い意味で使われています。長年飼っていたペットが病気や事故で亡くなった時に、その死を現実のものとして受け入れることができず、精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けてなかなか立ち直ることができない様子を広く指してペットロスという言葉が使われているわけです。
ペットロスにより引き起こされる症状としては、「なぜ早く病院へ連れて行かなかったのか」「もう少し気をつけてあげていれば事故に合わなかったのに」など、自分の責任でペットを死なせてしまったのではないかという自責の念を抱いたり、我が子のように可愛がってきたパートナーの死で、精神的よりどころを失い、強い不安感や孤独感にとらわれたりします。また、食欲減退や過食などの症状が現れる場合もあります。
ペットロスでどうしてそんなに苦しむのか、ペットを飼ったことがない人には理解できないかもしれません。ペットを失った飼い主にとっては、我が子を失ったのと同じ、あるいはそれ以上の悲しい思いにとらわれているわけですから、その苦しみから抜け出すことは、実際のところ容易ではなく、非常に時間がかかる場合も多いのが実情です。
ペットが亡くなって深い悲しみにとらわれるのは仕方のないことですが、極度に精神をすり減らすのは良くありません。ペットロスを軽いものにするか、あるいは重度のペットロスシンドロームに発展するのかは、飼い主のペットに対する接し方により違ってきます。ペットの寿命は飼い主よりも短いですから、いつかは別れるときがくるわけです。ペットに依存しすぎることのない飼い方が大事であるのかもしれないですね。

フィラリア

フィラリアって、ご存知ですか?を飼う人には、知っておいて頂きたい、とても怖い病気の原因である虫の名前です。フィラリアの別名は、犬糸状虫と言われています。蚊によってうつされる、恐ろしい寄生虫の事です。成虫は、そうめんのように、細く長い虫である事から、この名前が付いています。
フィラリアが犬の体内に入り、血液の流れに乗り、住みつく場所は心臓です。たどり着くまでに、から栄養を吸収するので、食欲は変わらないのに、痩せていく犬も見られます。貧血を起こしたり、暑くもなく、運動をした訳でもないのに、呼吸が荒く、散歩を嫌うようになります。
フィラリア感染症の治療方法も年々進歩し、多くの改善例も見受けられるようになりました。以前なら助からなかったケースも、治癒したり、症状の軽減が見られるようになっています。一人の獣医師の診断で落胆せずに、何人かの獣医師の診察を受ける事もお勧めします。新しい治療法を知る獣医師と出会えるかもしれません。
フィラリアに苦しむ愛犬を見る事が無いように、症状のないうちからの獣医師への相談が望ましいです。もしも、感染して症状が出ていない段階なら、治療し、改善できる確率が高いですし、幸いにも感染していなければ、予防する事で、一生健康に過ごす事も可能です。室内犬だから感染しないという事は、あり得ませんので、間違った情報に惑わせられないようにしてください。


ペット保険

ペット保険は普段あまり意識することが少ないと思いますが、いざ飼っているや猫などのペットが動物病院にかかると医療費の高さにびっくりし、ペット保険を検討する人が多いようです。ペット保険の歴史はまだまだ浅く、日本で広まり始めたのはつい最近のことです。ペットを飼う人が増えたことと合わせて、ペットに対する医療技術の進歩によりペットにも高齢化が進み、動物病院にかかる機会が増えていることも、ペット保険の人気に拍車をかけているのではないでしょうか。
ペット保険に加入するためには、その保険内容を詳しく知る必要があります。ペット保険を提供している保険会社のサイトを見て必要な情報を得るのも良いと思いますが、出来れば詳しい資料を請求したいところです。ペット保険を提供している保険会社は、アニコム、日本アニマル倶楽部、アイペットクラブ、ペットライフジャパンなど、この他にも多数ありますので、サイトを見て気に入ったところに資料請求するといいでしょう。特にどこがいいのか分からない場合には、ペット保険比較サイトで一括資料請求ができます。
ペット保険で失敗しないためには、各社が提供しているペット保険の仕組みを十分に理解しなくてはいけません。自分に都合の良いように解釈すると、いざというときにあわてることになりますからね。保障のタイプとしては、定額型、定率型、実額支給型がありますので、掛け金とのバランスと合わせて判断するといいでしょう。もうひとつ大事なことは、加入条件を設定しているペット保険もあるということ。まずは自分のペットが加入できるのかどうかをチェックする必要がありますね。
ペット保険に入っていれば、いざというときの安心材料にはなりますが、それでペットの命を救うことができるわけではありません。できれば、医者にかかる必要がないよう、普段からペットの健康管理には気をつけてあげたいものです。特に最近は人間同様の生活習慣病を患うペットも出てきていますので、食事、適度な運動など、病気にさせない飼い方が必要ではないでしょうか。

猫の病気

猫の病気にはどのようなものがあるのか、猫を飼っている人だけではなく、これから猫を飼おうとする人にとっても気になるところですね。猫も人間同様に風邪をひきますし、便秘をすることもあります。主な猫の病気としては、猫ウィルス性鼻気管炎、猫伝染性腹膜炎、猫汎白血球減少症、猫カリシウィルス感染症、猫免疫不全ウィルス感染症、猫白血病ウィルス感染症、トキソプラズマ症、クラミジア感染症、回虫症、蚤アレルギー性皮膚炎です。
病気はかかってからでは重篤になったり、手遅れになることもあります。普段から病気に対する予防策が非常に大切です。猫の病気の中にはワクチンで予防できるものがたくさんありますので、年に1回はワクチンの接種をしてあげるのも飼い猫に対する愛情ではないでしょうか。ワクチンで予防できる猫の病気としては、猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫伝染性腸炎、クラミジア感染症などがあります。
猫の病気に対して予防と共に大切なのが動物病院の選び方です。動物病院ならどこでもいいと言うわけではありません。治療を担当する獣医師が信頼できる人であるかどうか、その動物病院の評判は良いのか悪いのか、普段から調べておくことが大切でしょう。かわいい飼い猫の命を預けるわけですから、病気に対する十分な説明を行い、アドバイスもしてくれるような、安心して飼い猫の治療を任せることができる動物病院を選びたいものです。
猫に限らず、犬や小動物のペットは病気になるまで気がつかないということもよくあります。病気にかかって、重症になって初めて気がつくようでは手遅れになってしまいます。普段から飼い猫の健康時の状態を細かく観察していると、元気がない、便の状況がいつもと違うなどの、小さな病気のサインにもすぐに気がつくようになります。猫は口で自分の身体の状態を飼い主に訴えることはできないわけですから、飼い主の責任として、早期に猫の病気を見つけてあげたいものですね。

ティーカッププードル

ティーカッププードルはアメリカで誕生した超小型犬です。アメリカの極小犬を愛するブリーダーたちが何代にも渡る小型改良を繰り返して現在に至っているわけですが、ティーカップに入るほどの小さなプードルということで、この名称が付けられました。非常にイメージしやすいネーミングですね。実際、ティーカップに入り前足をカップの縁に乗せているプードルの写真を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
血統書にこだわる場合、ティーカッププードルの購入には気をつける必要があります。というのも、このティーカッププードルというのは、プードルの正式なサイズ分類の名称ではないからです。現在プードルは、その体高により、45僉60僂鬟好織鵐澄璽疋廖璽疋襦35僉45僂鬟潺妊アムプードル、28僉35僂鬟潺縫船絅▲廖璽疋襦28儖焚爾鬟肇ぅ廖璽疋襪板蟲舛靴討い襪錣韻任后あくまでトイプードルの超小型犬になるわけですね。
ティーカッププードルは超小型犬ではありますが、プードルなのでしつけもそれほど難しくはなく、どちらかというと飼いやすい犬であると言えるでしょう。ただし、超小型であることから、ちょっとしたことで骨折しやすい心配な一面もあります。超小型犬はあまり長生きしないという人もいるようですが、反論意見もあり、はっきり結論づけることはできないようです。だだし、健康やケア面ではやはり十分に気をつけてあげた方が良いでしょう。
小型犬を飼いたいと願っている人にとってティーカッププードルは確かに魅力たっぷりの犬かもしれません。友人から譲り受ける、あるいは信頼できるブリーダーがいるなどであれば、安心できますが、最近は悪質なブリーダーやネット業者が増えています。人気が先行し、頭数が極端に少ないティーカッププードルは異常な高値がついており、こういった悪質業者のねらい目になっているわけです。購入を検討する場合は信頼できる業者かどうかをまず判断することが大事ですね。


ボストンテリア

ボストンテリアのイメージをすぐに思い浮かべることができる人は少ないのではないでしょうか。テリアと名前がつきながら、フレンチブルドッグに似た愛くるしい顔つきをしています。名前が示すとおりアメリカ原産の種で、そのルーツは1970年代にイングリッシュテリアとブルドッグを掛け合わせたホッパーズ・ジャッジであると言われています。その後フレンチブルドッグなどの小型犬との交配を繰り返し、現在の愛嬌ある小型犬になったわけです。
ボストンテリアの魅力は、大きな瞳とひしゃげた鼻を持つ独特な顔つきと、手触りの良い黒と白の艶やかな被毛であると言えるでしょう。最近は室内犬を飼う人が増えていますが、ボストンテリアは手入れが非常に簡単で、大きな病気も少ないことから、どんな年齢層の家庭でも飼うのに適した犬種です。これから犬を飼いたいと願っている人は、選択肢の一つとして考えてみるのもいいと思いますね。
ボストンテリアを飼うのはそれほど難しいことではありません。身体は丈夫ですから、飼う上で特に気をつけることは少ない犬種ですが、暑さに弱い点と、が大きいことから目の病気にかかりやすい点に注意するといいでしょう。特に真夏の暑さには気をつけてあげる必要があります。また、被毛に魅力を感じているならば、こまめなブラッシングをしてあげることも、艶を保つ上で重要なことです。
このように人気も高まり、飼う人も今後増えてくると思われるボストンテリアですが、残念ながら大型のペットショップは別として、地方のペットショップ店ではあまり見かけることが少ないようです。

ペット保険の比較

ペットにも保険があるってご存知ですか。ペットの医療費・治療費って人間と違って基準が決められておらず、健康保険の適用もありませんから、時としてかなり高額になるんです。そういうイザというときに役に立つのがペット保険です。でも、どういうペット保険を選べばいいのか比較検討する際のポイントを見ていきましょう。
まず、一番最初に比較したいのはペット保険の保障内容です。ペット保険の保障内容は基本的には人間の保険とほぼ同じで、ペットが病気やケガで入院・通院した際の医療保障の他にも、ペットが死亡した際の死亡保障、ペットのためのガン保険、ペットが他人にケガをさせたり他人の物品を壊したりした際の損害賠償保障などがあります。
さて、ペット保険の保障内容の次は3つの保障制度について比較検討しておきましょう。この保障制度とはペット保険会社が保険金をいくら支払うかを決める重要な制度であり、飼い主が支払ったお金の全額が保障される実額タイプ、一部が保障される定率タイプ、飼い主の支出金額に関わらず一定金額が支払われる定額タイプがあります。
このようにペット保険の保障内容と保障制度について比較検討を進めてきましたが、最後に保険料(掛け金)、サービス体制、保険会社の経営内容などもしっかり比較検討しておきましょう。ペットブームに便乗してたくさんの会社がペット保険事業に進出していますので、大切なペットのために良いペット保険会社を選んであげましょう。

ペットサロン

ペットサロンという言葉は、ペットブームに比例して最近よく耳にするようになりました。ネットで検索してもたくさんのペットサロンが並びます。しかし利用したことがない人にとっては、どういったお店なのか、ピンとこないかもしれません。一般的にはペットのためのシャンプーやトリミングを行う美容室と考えればいいですね。実際、トリミングサロンなどのわかりやすい名前をつけているところもあります。
ペットサロンに限らず、「サロン」という名前をつけているお店はたくさんあります。よく知られているところでは、エステサロン、ヘアサロンなどでしょうか。この「サロン」の言葉の由来は、応接間や談話室を意味するフランス語の「Salon」であると言われています。フランスの貴族たちは宮廷の応接間や自分の宅邸でお客を招いて優雅なおしゃべりを楽しんでいたことから、華やかな雰囲気を持つ「サロン」が美容を取り扱うお店に多く使われるようになったわけです。
ペットのおしゃれを楽しめるはずのペットサロンも、選び方を間違うと不愉快な思いをするだけではなく、ペットにも危害が及びます。稚拙な技術しか持たないトリマーや経験の浅いトリマーばかりのペットサロンでは、トリミング中にハサミでペットを傷つけてしまったり、ドライヤーでペットに火傷を負わせてしまったりなど、信じられないようなトラブルが発生することがあります。店構えや名前のイメージだけにとらわれずに、お店の実情をチェックしたうえで、利用したいものです。
最近ではペットのトリミングしているところがガラス張りになっていて、外から美しく変身していく自分のペットの姿を確認できるところも多いようです。中にはペット同伴OKのカフェを併設しているペットサロンもありますので、ゆったりとお茶を楽しみながら、ペットの仕上がりを眺めるのも良いですね。ペット好きな人たちが集まる場所でもありますから、お互いのペット自慢に花が咲くかもしれませんよ。

ミニチュアダックス

ミニチュアダックスは、犬の人気ランキングで絶えずトップをキープしている非常に人気の高い犬種です。体高と体長の比が実に1:2の割合で、胴長・短足が代名詞となっているミニチュアダックスですが、そのユニークな体型が、かえって魅力になっているのでしょう。ジャパンケネルクラブの犬種別登録頭数で、7年連続トップであることからも、その人気がいかに根強いものであるか、わかると思います。
ダックスフンドの名前は、アナグマを意味するダックスと犬を意味するフンドに由来します。この名前が示す通り、長い胴体と短い足の利点を活かし、アナグマを穴に追い詰める役割を担った狩猟犬として育成されてきました。現在のミニチュアダックスはワタウサギ狩猟用として小型化されたものですが、狩猟犬としての性質は受け継いでいるため、動作は機敏で活発な面があります。
ミニチュアダックスの飼い方はそれほど難しいことではありません。ただし、狩猟犬としての性質は潜在的に持っていますので、適度な運動を必要としますし、知らない人に吠えたりもします。他の犬種同様、飼い始めたときにしっかりとしつけをすることが大事であるのは言うまでもないことですね。また、胴長・短足であるが故に、椎間板ヘルニアにかかりやすいということも念頭に置いておく必要があります。
子供からお年寄りまで、すべての年齢層に向いている犬種はそれほど多くはないでしょう。適度に遊び相手になってくれ、時には心を和ませてくれる。そんな素敵なペットライフを実現してくれるのがミニチュアダックスなのです。家庭内だけではなく、外でも活発な犬種なので、旅行に連れて行くのもいいですね。ミニチュアダックスとの楽しい生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。

selected entries
categories
archives
recommend
偶然の確率(DVD付)
偶然の確率(DVD付) (JUGEMレビュー »)
GIRL NEXT DOOR,GIRL NEXT DOOR,千紗,Kenn Kato,石塚知生
recommend
recommend
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM