スポンサーサイト

  • 2008.09.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


地域ブランドとは

地域ブランドとは商品やサービスに特定の地域名を付けた商標のことを言います。商品やサービスに地域ブランド名を付けることによって、他の地域の商品やサービスとの差別化を図り、競争力をアップさせるという点で、地域ブランドは経済の活性化に役立ちます。
従来は地域ブランドも通常の商品と同じように商標登録の基準が高く設定されていました。そのために西陣織や夕張メロンのような全国的に非常に有名な地域ブランドしか登録が出来ないという非常に大きな、そして解決が難しい問題を抱えていました。
これまでは地域ブランド商標に登録するための条件が厳しく、地域ブランドの拡がりが促進されませんでした。そこで2005年の商標法改正によって、ブランド名を地元や近隣地域に広めたと確認できれば地域団体商標として登録されるようになりました。このため地域団体商標として登録された商標のことを、地域ブランドと呼ぶことがあります。
法改正によってその地域独特の商品やサービスを「ブランド化」し、地域経済の活性化が可能となる地域ブランドは今後の展開が楽しみと言えるでしょう。地域ブランドが確立されれば模倣品や偽ブランド品を法的に排除できます。また海外からの安価な「ライバル」商品に悩まされていた地域産業の競争力をアップして、地域経済の活性化を促進させることが出来ます。

プチバトー

プチバトーをご存じですか。プチバトーは今から115年ほど前にフランスのシャンパーニュ地方で誕生した肌着メーカーですが、現在ではベビー服、子供服のブランドとして、さらには大人用の上質な着心地の良い服のブランドとして有名になりました。プチバトーのTシャツをシャネルスーツのインナーに着たことから大人用の服も大人気にとなり、世界中の女性の気持ちよさを支えるブランドとして認知されています。
ベビー服や子供服で一番気になるところは肌触りではないでしょうか。赤ちゃんや子供の肌は敏感で柔らか。大人が思っている以上に肌の感覚器官は発達しています。安心してすやすやと眠れて、すくすくと育っていくためにも肌着の柔らかさは何よりも重要なことです。この点においてプチバトーは極めてソフトで優しい肌触りをリブ編みの生地によって世界に広めてきました。
着て気持ちよいこと、肌触りを何よりも重視したプチバトーは一度着たら忘れられない着心地で第二の肌と呼ばれているほどです。この着心地・肌触りの秘密は1×1リブ編みと2×2リブ編みによって生み出されています。1×1リブ編みはプチバトーの代表的な素材で、一目づつ表と裏を交互に編み上げたもので薄くて繊細な編み方です。2×2リブ編みはプチバトーが最初に開発した編み方で、二目づつ表と裏を交互に編み上げたもの。表面はポコポコした手触りですが伸縮性が高く、体の動きやシルエットにピッタリとくるフィット感に優れています。特に赤ちゃんや子供には汗を吸収しやすくサラッとした肌を保つためにも優れていて、さらに脱ぎ着をしやすい伸縮性の高さとデザインの工夫をしているところがプチバトーの特徴です。
着心地の良さ、肌触りへのこだわりで有名なプチバトーですが、カラー(色)へのこだわりも徹底しています。染めた生地は何度も何度も水温の違う水で洗濯されて色落ちをチェックされます。また色々な種類の違う光源のしたでその発色具合を検査され、それらを全て合格したものだけが市場に投入されます。他にも細部にわたるデザイン性と機能性・実用性などこだわりの事項がたくさんあり、そのどれもが多くの女性の支持を得ているからこそここまで有名で愛用されるブランドに育ってきたといえるでしょう。

サマンサタバサ

サマンサタバサは1994年にスタートした純国産のバッグブランドです。女の子好みのかわいらしいデザインと色使いが魅力的ながらも、お手頃価格で手に入りやすいというところが人気の理由の一つです。ただ限定商品が多いので、お気に入りの商品があったら、迷わずゲットするのが賢明です。
サマンサタバサは女性の様々なシーンをおしゃれでステキに演出できるよう9ものブランドラインを用意しています。自分のステージにあわせて自然と思えるブランドラインを選択していきましょう。サマンサタバサデラックスはバッグとジュエリー両方を扱う複合ショップで取り扱うブランドラインです。ゴージャスやトレンド感を感じられるラインナップが特長です。
サマンサタバサはセレブリティをプロモーションモデルやデザイナーとして起用しています。2002年にはなにかと話題なヒルトン姉妹がサマンサタバサのプロモーションモデルとして、2003年にはサマンサタバサ、サマンサティアラのプロモーションモデルとして、ヴィクトリア・ベッカムが起用されました。
人気ブランドの宿命として、偽物の流通があります。サマンサタバサも例外ではありません。安いからといってオークションなどで購入することに、ブランドの保証はありません。安物買いの銭失いにならないよう、ブランドとしてサマンサタバサを楽しみたいなら、正規店での購入をおすすめします。

チペワとは

チペワとはブランド名です。なんのブランドかと言いますと、アメリカ製のブーツのことなんです。ご承知のようにアメリカ大陸は先住民族であるインディアンが住んでいました。その中にチペワと言われているインディアンがおり、ウィスコンシン州チペワ・フォールズで最初のブーツが作られたことがブランド名になったそうです。
1901年に創業したチペワは、当時チペワ・フォールズ周辺で盛んであった製紙業の原料である木材の伐採に従事する人々の足元を保護する高品質なブーツを供給する目的で、チペワ・ブーツの製作に乗り出しました。頑なに、一切の妥協をすることなくブーツを使う人の身になって造るチペアブーツが、次第に人々の目に留まるようになっていったのです。
チペワのエンジニアブーツは木村拓哉さんがテレビドラマで履いたことでも有名です。バイクに乗っているシーンのときに「ちぺわ・エンジニアブーツ」が目立ったそうです。バイク乗りに人気があるエンジニアブーツメーカーは、チペワとウェスコ社だそうですがウェスコ社のエンジニアブーツは一足10万円位するそうで、一般的にはなかなか手が出ないのが実情のようです。
チペワブーツは100年以上に渡って常にブーツの世界でリーダーでありパイオニア的存在を維持し続けています。時代を先取りした技術開発や新しい素材を大胆に取り入れて斬新なチペワブーツを提供してきました。そして創業時から変わっていないのが、ブーツ開発のスピリットだと言えるでしょう。徹底した品質の追求とハンドメイドのこだわりがチペワの財産だと思います。
JUGEMテーマ:ファッション



ラルフローレン

ラルフローレンは世界的に有名なアメリカのアパレルブランドです。英国の伝統的なスタイルを、より現代的なセンスからの角度でアメリカ風にアレンジしたスタイルが有名ですが、世界中の人々に受け入れられたのは、ポロのロゴに代表されるように上質でエレガントな上流階級のイメージをうまくブランドイメージとして定着できたことが大きいです。
プレゼント選びで難しいのが他の子供への贈り物です。高すぎなくて、安すぎもしない。かつ好き嫌いがはっきりするような個性が強いデザインでないこと。そういった条件を満たすのがラルフローレンです。どんな人にも受け入れやすいデザインなのに、誰でも知っている有名ブランドなので、まず失敗しません。
ラルフローレンといえば、アパレル、雑貨といろんな商品展開をしている上に、本家とライセンス商品の違いがあったりして、実際に店頭で一堂に会して商品をチェックすることは、まずできませんでした。それが、2006年にとうとうRALPH LAUREN OMOTESANDOがオープンしたことで、やっと本場のラルフローレンを日本で見ることができるようになったのです。
ラルフローレンは一流ブランドなだけに偽物も多く流通しています。正確にはニセモノではないですが、まぎらわしいものとして、ポロクラブというものがあります。これはラルフローレンとはまったく関係ありません。ラルフローレンの商品にはすべてラルフローレンの文字が入っています。

コンバース

コンバースは、今から90余年前の米国マサチューセッツ州モールデンに誕生します。創業者はマーキス・M・コンバース。創業当初は、アウトドアの本場であった降雪地に必要なラバーシューズを主に生産し、その品質の良さから圧倒的な支持を受け地元の有力企業へと成長を遂げました。
コンバースがバスケットシューズの生産に着手したのは、冬場だけのラバーシューズに加え、季節を問わず製造販売が可能な商品が必要だと考えた事が始まりです。地元で注目を集めていたバスケットを販売ターゲットに定め、当時のスタープレイヤー、チャールズ・H・ティラーの生涯を通じて愛される「キャンバスオールスター(コンバースオールスター)」を1917年に発売しました。
コンバース全盛期とも呼べる90年代までは、常にシーンをリードし数々の新しいモデルを提案してヒット商品も生みだしました。しかし、新しい企業に押され、経営不振、企業買収、工場の閉鎖などを経験し、2001年には倒産と言う結果も否めませんでした。ですが、このままでは終わらず、次の時代に乗り出し、新たに注目を浴び、売上を伸ばす傾向にあります。
コンバース社は、2003年ナイキに買収されています。2004年伊藤忠商事が資本参加する事になり設立されたコンバースジャパンは、日本でのコンバース商標権の使用を法的に認められた会社です。様々に形態を変え、だれがどこで作ろうとも今までの歴史が築き上げたコンバースの基本は、変わらずに残り、人々に愛され続けています。

コーチのバッグ

コーチはルイヴィトン、エルメスに次いで、人気の高い革製品のメーカーです。前者がフランスのブランドであるのに対して、コーチはアメリカのブランドです。ニューヨークはマンハッタンで創業した原点をもとに、最高の使い心地とスタイル、ファッション性の共存をテーマにした製品が実に魅力的です。
コーチの中でもとりわけ人気ラインとしてシグネチャーラインが挙げられます。シグネチャーラインとは、俗にCoach柄といわれる、「CC」のロゴをメインにおいてデザインされたものを指します。2000年の秋冬にデビューした後、大ヒットを受けて現在は、バッグだけでなく、財布やスカーフなどまでいろいろなアイテムで展開されています。
コーチのバッグの種類は実にたくさんありすぎて、混乱してしまうことも多々あります。そんな時は、自分の直感にしたがって、気に入ったものをそのまま購入するのがいいかもしれません。日本でコーチのバッグの在庫、種類が一番そろっているのは、銀座5丁目の直営店になります。
コーチはブランド製品ですので、もし破損してしまった場合は、直営店に持ち込めば、何年たってもアフターサービスで修理をしてもらうことができます。その程度、度合いによって、時には新しく買った方が安いときもあるかもしれませんが、こうした、いつになっても製品保証してくれる、というのは一流ブランドの強みです。

メゾピアノの福袋

メゾピアノの福袋は、従来の「お正月の初売りの目玉」という概念から離れて、販売されています。メゾピアノというと、ここ数年、マスコミでも話題の、子供服ブランド、ナルミヤインターナショナルの主力ブランドで幼児はもとより、160、165サイズまで用意されています。
メゾピアノの福袋が、お買い得であることは間違いありません。何しろ値段の3倍〜3.5倍相当の内容なのです。一番手軽なサマーセットバッグ(要するに夏の福袋)でも5,775円でも16,000円相当の商品が入っているのです。人気も高く店頭で購入することはかなり困難で、並ぶことも覚悟しなくてはならないようです。
メゾピアノの福袋ですから、入っているのはメゾピアノの商品ばかりです。ファンとしては払った金額の数倍の商品なのですが、不満がないかというとそうでもありません。福袋なので、確かに多少気に入らないデザインの商品が入っていることは覚悟しなければならないでしょう。それが福袋なのです。
メゾピアノの福袋の中で、どうしても自分の気に入らないデザインのものが入っていた時には、友人にプレゼントをするとか、交換し合う方法の他に、インターネットオークションに出品すると言う方法もあります。オークションには福袋自体も出品されていることもあるので、是非捜してみて下さい。

リズリサの福袋

リズリサの福袋は、ショップでの販売と通販の両方があります。中高生を中心にしたティーンに人気のブランドで、人気のあるショップでは店頭で手に入れるのは難しいようですが(朝6時で大行列の店も)、店によっては夕方まで残っているところもあるようです。
リズリサの福袋は全て、本社製作となっていますので、店頭も通販も中身は同じです。値段は5,000円と10,000円の2種類で、気になる内容ですが、5,000円の方が22,000円〜25,000円相当、10,000円の方が50,000円相当の商品が入っています。非常にお買い得な内容なのではないでしょうか。
リズリサの福袋は、まさに福袋の醍醐味でしょう。品数が多いということは、それだけ、自分があまり気に入らないデザインの品も入っていると言うことです。また5,000円の福袋と10,000円の福袋を両方買ったところ、同じ洋服が入っていた、と言うこともあるようです。こればかりは「運」だとしか言えません。
リズリサの福袋を購入した後、自分にとって不要なものをどうするか、と言う問題ですが、まずその場で、同じリズリサの福袋を買った人同士で交換する、と言う手があります。友人へのプレゼントにしてもいいと思いますし、インターネットオークションに出品してみるのも面白いでしょう。


リボンキャスケット

タレント千秋さんがデザインした、子供服ブランド、リボンキャスケットをご存知ですか?千秋さんはご存知の通り、ココリコ遠藤さんの奥様で、凛玖くんのお母さまでもあります。その千秋さんのキュートなデザインはママ達にも大人気です。
リボンキャスケットは千秋さんの子供服ブランドの他に同じく、ママさんタレントで活躍している、酒井法子さんがデザインした、子育てママの帽子も人気があります。小顔効果と機能性を兼ねていて、酒井法子さん自ら愛用されています。
リボンキャスケットのコンセプトを千秋さんは、「異なったスタイルや違ったブランドでもあわせやすくしたい」うたっている通り、コーディネートしやすいデザインになっています。通販サイトにも着せ替え感覚でのコーディネイトコーナーがあるのはそういう気持ちの現れですね。
リボンキャスケットにはウエアのほかに、ぬいぐるみ、タオルケット、ブランケット、ハンドタオル、チェンジングマット、チェアクッション、フリーマットなどのアイテムも揃えています。もちろん、マザーズバッグもお子さまとペアもできます。子どもとママがアイテムでペアというのもかわいいですね。

selected entries
categories
archives
recommend
偶然の確率(DVD付)
偶然の確率(DVD付) (JUGEMレビュー »)
GIRL NEXT DOOR,GIRL NEXT DOOR,千紗,Kenn Kato,石塚知生
recommend
recommend
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM