スポンサーサイト

  • 2008.09.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


EVOLTA(エボルタ)

EVOLTA(エボルタ)は、松下電器産業が発表した新しい乾電池で、同社の「オキシライド」よりも長い寿命を実現しました。使用推奨期限を従来の5年間から10年間に延ばしました。単1〜単4までの全サイズをそろえて、4月26日から発売になります。
近頃は、乾電池に対するお客様のニーズもいろいろ変化してきています。具体的には「持続性」を求める声が年々増加しています。電池の封口部の部品を簡素化して活物質の内容量を増やしたほか、正・負両極に反応性を高める新材料を採用、材料の充てん度合いを高めて電池の反応効率を向上するなどの工夫がされています
その結果として電池性能が向上。松下電器によると、単3形乾電池を2本使用するデジタルカメラで撮影できる枚数は、アルカリ乾電池が170枚、オキシライド乾電池が250枚に対し、EVOLTA乾電池が260枚になるということです。実勢価格はオキシライド乾電池よりも1割弱高くなる見込みです。
EVOLTA乾電池は、国際的な基準に沿った放電試験の結果、世界で最も寿命の長い乾電池と認定されギネス世界記録に登録されました。EVOLTA乾電池のイメージキャラクター「EVOLTA」も、EVOLTA乾電池の販売に一役買っていきます。

ガンダムの完成品

ガンダムは1979年の第一作放映から現代まで、根強い人気を誇っています。バンダイが発売しているフィギュアの中には、アニメで放映された際のポーズを再現できる完成品プラモデルもあり、マニアには大人気の商品です。
ガンダムは元々二次元のアニメの世界のものです。しかしガンダム完成品はすでにアニメの域を超えて、芸術にまで達しているのではないか、と思わせてくれます。関節の動き、ハッチの開閉など元がアニメだということを忘れてしまいそうです。
ガンダムの完成品は、カテゴリーから言えば玩具なのでしょうが、実際手にとって見ると、既に子供の玩具を越えていることは、すぐに理解できると思います。値段もかなり高価ですし、大きさもかなり大きいものもあります。
インターネットのオークションを覗いてみると、ガンダムの完成品が出品されていて、しかもかなり高額で取引されています。特に製造数が少ない希少価値のものなどは、興味のない人から見ると信じられないような値段で売買されているのです。


チップとデール

チップとデールを知っていますか?ディズニーのキャラクターでいたずら好きで食いしん坊でいつも陽気なシマリスコンビのチップとデールは、お子さんのいるご家庭や、ディズニーファンならもう既にご存じのことでしょうが、最近また人気が急騰してきているそうです。チップとデールの大ファンの私にとってはすごく嬉しいお話なのでちょっとチップデールに関するお話をしてみます。
チップandデールの見分け方にはちょっとした、でも簡単なコツがあります。顔に注目です。チップは前歯が一本で黒い鼻なのですが、デールは前が二本で赤い鼻なんです。ここだけ覚えればすぐに見分けが付きます。見分けがついたら映画を見てみてください。性格や行動の違いがより鮮明に分かって面白いことうけあいます。1943年4月2日に映画『プルートの2等兵』でデビューをしましたが、それからもう60年以上。いまだに人気が衰えるどころか急騰しているチップとデールは、ディズニーのキャラクターのビッグエイトと言われている中に入っているほどです。
双子のシマリス兄弟であるチップとデールというのがディズニーでも公式に発表している情報なんですが、実は仲の良い友達なのではないかという説もいまだに根強く残っていて謎のあるキャラクターなんです。ナイトクラブの歌手であるクラリスがチップとデールの愛する恋人。でも一方的な勘違いなのがとってもおかしくて、その勘違いからどたばたを演じてしまうのがキュートなんです。
チップとデールに会いたい人へのお勧め情報はといえば、やっぱり一番は東京ディズニーランド(TDL)かな。乗り物の待ち時間にひょっこり現れてきたり、入り口付近での目撃情報が多いみたいです。一緒に写真撮影させてもらったらもう一生の宝物です。いつも身近なところでチップとデールに会うためには、携帯電話の待ち受け画像やパソコンの壁紙なんてのも良いかも。ネットで探せば一杯見つかるんです。そして何と言ってもグッズ。これは通販で簡単に手に入りますね。映画のDVDはまず必携でしょう。その他にもぬいぐるみ、キャリーバッグ、キルトマット、カレンダー、布団カバー、毛布、カード、フィギュア、腕時計、帽子、文具、ゲーム、着ぐるみ、パジャマなどいろんなチップとデールグッズを集めて楽しんでください。



リトルジャマー

リトルジャマーは、おもちゃメーカーバンダイが、「動きと音の両立」というテーマにして開発した曲に合わせて動くジャズを奏でる人形のことです。5体の人形それぞれの台座にスピーカーが組み込まれており、自分たちのパートを奏でるので、とてもおもちゃとは思えないほどリアルなサウンドとアクションが本物のライブさがらの臨場感を演出してくれます。プレーヤー(人形)一人ひとりの演奏も表情がとても豊かで、そんなプレイヤーごとの動きを堪能できます。また、各プレイヤーは好きなようにレイアウトすることができますので、わが家にジャズバンドが来たような気分が味わえます。
人形の動きにこだわりを持って開発に望んだバンダイ。小さな人形のまさに演奏しているようなリアルな動き。これが演奏曲目が変わるごとにその動きもその曲にぴったりと合っています。一番複雑な動きをするドラマーの動きは、シンバル類が鳴るときには右手、スネアドラムを叩くときには左手、バスドラムではドラムセット自体、アクセント音で帽子が上下するなどの動きは観ていてとてもたのしいですね。
リトルジャマーの編成は、ピアノ、ウッドベース、ギター、サックス、ドラム のジャズクインテットに決まりました。なぜ比較的少数派といわれているジャズだったのでしょうか?また、なぜカルテットになったのでしょうか?ジャズの広いジャンルにわたる応用力と演奏パフォーマンスの高いところが採用の理由です。そして人形の試作はベース、ドラム、ピアノ、トランペット、サックス、ギター、パーカッションの7体まで製作されました。最終的で「音楽性と使い勝手と価格のバランス」を考えてトランペット、パーカッションをはずしたクインテットに決定しました。
リトルジャマーは、バンダイがケンウッドと共同開発、限りなく本物に近い音を携えて還ってきました。それが、リトルジャマーミーツケンウッド(LIYYLI GAMMAY meets KENWOOD)です。トランペットのゲストプレーヤーも加えて早速ジャムセッションを満喫できます。

ラジオフライヤー

ラジオフライヤーと言うのは、アメリカで作られたワゴンのおもちゃです。ラジオフライヤーは、会社名でもあり、アメリカでは誰もが知っていて子供たちにとても人気があります。日本でも、このおもちゃを子供に与えて遊ばせたいという親は年々増え、少しずつ流行となってきました。
ラジオフライヤーの開発者であるアントニオは、最初リバティーコースターというワゴンを作りました。これは、自分のワークショップが少しずつ大きくなってきた時に開発したものです。リバティーと言う名前は、自由の女神像から取られています。これが大ヒットしたのです。
ラジオフライヤーは、安全性を第一に考え、子供に豊かな想像力を養うおもちゃだと言えます。シンプルな形こそ、いつまでも飽きのこない形であり、想像力を膨らませやすいといえます。自転車に乗る前の平衡感覚を養う、三輪車も開発されています。カラフルで、インテリア性があります。
ラジオフライヤーの人気は、口コミでの人気も一役買っています。もともと、安全性に優れ、子供の想像力を高めるものとして、子供にも親にも人気があります。最近では、小型タイプのラジオフライヤーに人気があります。種類がたくさんあるので、まずはネットで調べてみると良いでしょう。


マイクロエースとは

マイクロエースとは、鉄道模型メーカーの有井製作所が分社化を行い、それにより創設された鉄道模型メーカーで、プラモデルなども手がけています。以前からマイクロエースの鉄道模型ブランドとして利用されていた名前を引き継いでいて、株式会社マイクロエースになったものです。
そして、マイクロエースの鉄道模型の製品は、かなりマニアックになる傾向があり、同一のバージョンのシリーズが多く、非常に幅広いランナップを取りそろえています。Nゲージを主力商品としていますが、2005年春からはHOゲージにも進出してきています。
次に、マイクロエースのプラモデル部門では、超時空シリーズが有名です。『超時空騎団サザンクロス』のラーナ少尉が有名で、非常によく作られています。販売されているプラモデル部門での製品のジャンルは様々で、各スケールのカーモデルや、船や扇風機まであります。
マイクロエースは、鉄道模型やプラモデルのファンであれば誰でもが知っているメーカーですが、マニアックでコアな方ほど、マイクロエースの製品を好む傾向にあります。改造してディテールアップして楽しむ方や、無改造で素朴さを楽しむユーザーと、いろいろです。



クリスマスの約束

クリスマスシーズンになるとクリスマス用に放映されるテレビ番組が増えてきます。そんなクリスマスシーズンに放映されるテレビ番組の中で注目を浴びているものにクリスマスの約束があります。あなたはクリスマスの約束、知っていますか?すでご存知の人もいるでしょう。
クリスマスの約束はクリスマスシーズンにTBSが放映しているクリスマス恒例の音楽番組です。小田正和がメインアーティストとなり、毎年さまざまなゲストを迎えて番組を進めています。クリスマスの約束はアーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬することがコンセプトになっています。
クリスマスの約束では毎年さまざまなゲストを呼び、メインアーティスト小田和正とゲスト陣がすばらしい歌を視聴者に届けています。2006年12月28日に放映されたクリスマスの約束2006では松たかこ、いきものがかり、斉藤哲夫、スキマスイッチがゲスト出演し、メインアーティストの小田和正と共にすばらしい曲を届けてくれました。
クリスマスにピッタリのアーティストである小田和正。あの心に響く声、そして心が切なくなる曲とメロディー。小田和正の歌声がクリスマスに聞けるなんて最高ですよね。小田和正が繰り広げる音楽ワールド、クリスマスの約束を愛する人と一緒に見てみてはいかがですか?きっと素敵な時間が過ごせるはずです。


selected entries
categories
archives
recommend
偶然の確率(DVD付)
偶然の確率(DVD付) (JUGEMレビュー »)
GIRL NEXT DOOR,GIRL NEXT DOOR,千紗,Kenn Kato,石塚知生
recommend
recommend
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM