スポンサーサイト

  • 2008.09.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


花見名所

日本全国の桜の花見名所の中で、特に花見に最適なところを選んだ、「日本さくら名所100選」があります。北は北海道から南は沖縄まで、桜が特に美しい場所です。お城であったり、公園であったり、お寺であったりします。
日本さくら名所100選の中に、大分県の岡城公園があります。ここでは、ソメイヨシノやヤマザクラ、シダレザクラなどおよそ1500本があります。滝廉太郎の荒城の月で有名な花見名所で、夜にはライトアップされ、人気があります。
奈良県の吉野山には、20000本を超える桜があります。この吉野山では、シロヤマザクラがとても多く、若葉と共に開花します。山一体が桜で埋め尽くされるので、他では味わえない魅力があります。奈良を代表する花見名所です。
岩手や青森にも桜の花見名所があります。大都会と違って、それを眺める人の数も少なく、とても風情があります。青森では弘前公園が有名です。弘前公園にはホームページがあり、桜情報をいつでも入手することが出来ます。

節分草

節分草という名前を付けられた植物があります。節分草は、節分の頃に咲くキンポウゲ科の植物で、春の訪れを知らせる植物として知られています。毎年、初春の訪れを感じさせる風情のある植物として、節分草の様子がニュースなどで報じられるので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか
節分草は、日本国内では関東よりも西側でしか見ることができません。節分の頃である2月というと、関東よりも東や北ですとまだ雪が多く残っていることもあり、植物が地表に出てくるにはもう少し待たないといけないという頃です。それゆえ、節分草は中部、関西などで、よりポピュラーなようです。
節分草は、関東以北では気候が合わないために育たないようです。また、関東以西でも、山辺などの気温が上がりにくいところでは、芽が出るのが遅くなるようです。節分の頃に咲くと言っても実際に芽が出てくるのは3月になることも珍しくなく、自然の変化が一様ではないことを感じさせられます。
節分草のような山野草の鑑賞は、初春の散策の大きな楽しみです。山にはたくさんの植物があり、体中で四季の変化を感じることができます。暦の上ではまだ肌寒い日の多い節分のころでも、山では節分草を始めとした生命が息づいていることを知ると、元気が湧いてきませんか。


ランをお歳暮に贈りたい

毎年お歳暮のシーズンになるとあちこちでお歳暮販売が始まります。たくさんあるお歳暮ギフトから何を選んだらいいか悩んでしまう人は多いでしょう。数あるお歳暮ギフトから相手に喜ばれるものを選び出すのはなかなか大変な作業ですよね。お歳暮に迷ったら心安らぐランなんていかがですか?
チョウが舞っているような姿が特徴的な胡蝶ランは心に残るお歳暮として人気を集めています。胡蝶ランは色の種類もさまざまで、大きさも大きく優美なものからミニタイプで可愛らしいものなどバリエーションに富んでいます。胡蝶ランの鉢は一本立、三本立て、五本立てなどあり値段によってその本数が違ってきます。
ランをお歳暮に贈りたいけれどどうしたらいいのかわからない人は、デパートの花屋や花キューピットなどをチェックするといいでしょう。また、その他インターネットショップでもランをお歳暮として届けてくれるところがたくさんあるので是非チェックしてみてください。お店によっては花の咲き具合を注文できるところもあります。
お世話になった人への感謝の気持ちを伝えるお歳暮に喜ばれるもので人とは違ったものを贈りたい、と考えているのなら、お歳暮にランを贈ってみてはいかがですか?美しく気品あふれるランはあなたの感謝の気持ちを十分に伝えてくれ、喜んでもらえる素敵なお歳暮となるでしょう。


プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントに

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントとして贈ることは、ある意味生花を贈るよりもずっと喜ばれるかもしれません。色も鮮やかで、何といってもその色のままで長期保存が可能だからです。同じ長期保存可能のドライフラワーと違って、より生花に近い質感を誇っています。
プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントに贈った場合、どれくらい保存が可能かというと、水も光も与えずに、1年〜5年はそのままの姿を保つことができると言われています。また、香りや花粉の心配もなく、アレルギーの方や、病院へプレゼントを贈る場合も安心です。
プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントにする場合、よい話ばかりか、と言うと決してそうではありません。では、短所を考えて見ます。まず、値段が高いこと(生花の3〜5倍)、花の種類が少ないこと、高温多湿を嫌うため、日本の梅雨から夏にかけての世話が大変なことなどが挙げられるでしょう。
プリザーブドフラワーは、クリスマスプレゼントとしての需要が増えています。加工技術の進歩で花の種類もデザインも増え、リースだけでなく、色々な種類が販売されています。長い間花が色あせないように贈り主の気持ちをいつまでも感じることができるプレゼントなのです。

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズの育て方は簡単であると言われています。その理由は、何と言っても寒さに強いということに尽きるでしょう。水やりと風通しに注意をしなければなりませんが、それさえ気をつければ初めての方でも簡単に冬場の花と年間を通しての緑の葉を楽しむことができます。
クリスマスローズの育て方で重要な事として、水やりがあります。乾燥には強いので、乾いたらたっぷりと水をまくようにしましょう。風通しがよく、直射日光を避けた、比較的明るい場所を好みます。また、有機質に富んだアルカリ性の土壌を好むため、腐葉土や肥料で調節してやりましょう。
クリスマスローズの育て方は簡単だと述べてきましたが、まれに病害虫の被害にあうことがあります。害虫は薬や、水やりで防ぐことができますが、病気になったら処分するしかありません。また分けもそんなに難しくはないのですが、種は市販されていないので、自宅で取って発芽させ、3年程で開花となります。
クリスマスローズは育て方が簡単で、日本にも多くの愛好家がいます。花の色目も地味で落ち着いた感じのものが多いのですが、逆にそれが、冬の庭では気高い貴婦人のようにすら感じられます。また、和風の庭や和室の雰囲気ともよくマッチし、特に茶室用の花として飾られることも多いようです。

クリスマスローズ

クリスマスローズの名前は、クリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることから名づけられました。寒さに強く、花の少ない冬から春にかけて咲き、その開花期も長く、日陰に耐えることが出来る、キンポウゲ科クリスマスローズ属の、冬の貴重な植物です。尚、花言葉は「慰め」です。
クリスマスローズの花は、下を向いて咲くものが多いのですが、その理由ははっきりとは分かっていません。ただ、「雪起こし」と言う別名があるように、冬の大地で積もった雪を持ち上げて開花することなどから、雪から花を守るためなのではないか、と言われています。
クリスマスローズの品種改良が最も盛んに行われたのは、ガーデニング発祥の地、ともいわれる英国です。クリスマスローズという名前も元々は、英国のクリスマスの時期に咲くからだ、と言う説があるほどです。さまざまな改良によって、地味だった花は色が増え、上を向き、よりクリスマス向きになりました。
クリスマスローズは、ガーデニングの本家の英国に限らず、世界中で愛されています。改良が進んで、鮮やかになった色の種類が増えた、ということもありますが、まず花の少ない冬が開花期に当たること、さらに、半日陰でも育つ丈夫さを持っていることなどが挙げられると思います。

芝刈り機

芝の手入れに欠かせないのが芝刈り機。アメリカ映画などでは子供が家のお手伝いとして庭の芝を刈るシーンが見られますが、日本ではなかなかそうはいかないですよね。芝刈り機の扱いに慣れている、という日本人はあまりいないと思います。仮にも刃が付いている物ですから、安全に気を配って使いましょう。
芝刈り機を選ぶポイントはたくさんあります。最も重要であろうと思われるのが刈り込み方式。これにはリール式とロータリー式の2種類があって、一長一短です。美しい仕上がりを求めるのならリール式がおすすめ。メンテナンスの手間があまりかからないロータリー式は初心者でも安心して使えます。
電源を確保したら、芝刈り機のスイッチをオン!…する前に、刈り高の調整をしましょう。やり方は機種によって違うと思いますので、取扱説明書をよく読んでください。新品以外なら刃のすり合わせの調整もしておいた方がいいかもしれません。けがをしないように軍手をして行いましょう。
ロータリー式の芝刈り機は、円盤にいくつかの刃が付いていて、それを回転させることで芝を刈る物。チェーンソーのようなイメージです。リール式と違い横からスパッと刈ることになるため、長めの芝も楽に刈ることができます。小まめに手入れするのは面倒、という人はこちらがいいかもしれません。

モッコウバラの育て方

ガーデニング初心者の憧れの花といえば、バラ。誰もが知っている美しい花と鮮烈な香り、見るだけでなくお茶やジャム、ポプリ、バスタイムにも活用できる素敵な花です。そんなバラの中でも特に初心者におすすめしたいのがモッコウバラ。育て方が他のバラに比べると簡単なんです。
モッコウバラは日当たりもそこそこ、肥料もそこそこでいいという、育て方の知識があまりない初心者には嬉しいバラ。園芸店に行けば苗がありますし、鉢植えなら花屋さんやネットショップでいくらでも扱っています。モッコウバラはベランダで気軽に育てられるバラなのです。
モッコウバラはアーチなどの誘引には適していますが、それでも多少の苦労はあります。ただでさえ育ちのいいモッコウバラは、育て方によってはボーボーになってしまうので、剪定ついでに誘引、と気軽にはじめてみましょう。まずは古い枝をばっさりと切るところから…。
花が終わってから植え替えまでの育て方の注意点は、気を抜かずに月に1〜2回のペースで肥料を与えること。モッコウバラは寒さに強い品種ですが、寒肥を与えればより安心です。またモッコウバラは油断するとモンスターのごとく成長してしまうため、植え替える際はとにかく広い場所を選びましょう。

モッコウバラ

バラというと真っ先に思い浮かべる真紅のそれとは違い、白や黄色の可憐な花を咲かせるモッコウバラ。日本の家屋にもよく合う姿と、育てやすさで人気となっています。あまりにも身近なため、モッコウバラだと意識せず普段から目にしている花がそうだった、なんてこともあるはずです。
モッコウバラの原産は中国。江戸時代に日本に伝わってきた当初は漢名「木香花」をそのまま使っていましたが、現在は漢字で書くと「木香茨」となっています。木が香る茨、と書くにも関わらず、モッコウバラにはとげがありません。とげのないことが人気の大きな要因となっています。
眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。
皇族の徽章であるお印は、調度品や持ち物に記されるトレードマークのような役割だけではなく、その人の象徴のようにも使われます。実はお印は皇后陛下の白樺や眞子様のモッコウバラなど植物ばかりではありません。天皇陛下のお印「榮」は文字そのものだそうですよ。

selected entries
categories
archives
recommend
偶然の確率(DVD付)
偶然の確率(DVD付) (JUGEMレビュー »)
GIRL NEXT DOOR,GIRL NEXT DOOR,千紗,Kenn Kato,石塚知生
recommend
recommend
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM